【英文法】等位接続詞と従属接続詞の違い

Alice Chapter1

等位接続詞について

従属接続詞について

と2つの接続詞を見てきましたが、

名前を覚える以上に

違いを知っておいた方がいいのかなー

なんて思ったりします。

私自身が等位接続詞と従属接続詞の意味は大体知っていても、

違いがよくわかっていなくて、

文の形を見る際によく混乱してしまっていたからです(´▽`;)ゞ

(混乱してしまっていた、というよりも、

現在進行形で混乱しているので、

まとめてみた…というのが正しいですが(゜ー゜;Aアセアセ)

では、等位接続詞と従属接続詞の違いってなんなんでしょうね??

それをこれからお話していこうかと思います。

等位接続詞と従属接続詞の違い

等位接続詞と従属接続詞の役割

等位接続詞と従属接続詞の役割については、

以前の記事

等位接続詞について

従属接続詞について

にあるように

等位接続詞:語句や文を対等につなげる接続詞

従属接続詞:文(従属節=副詞節)が文(主節)を説明する接続詞

というものです。

『等位接続詞』

I like dogs and cats.
(私は犬とネコが好きです)

I am busy, but you are not busy.

(私は疲れています、でもあなたは疲れていません)

この2つの文を見てみると、

どちらも対等な文で結ばれているのがわかるかと思います。

では、そもそも対等な文って何なんでしょうね?

簡単に言ってしまえば、

・文を逆にしても意味が変わらない

・語句なら語句、文なら文で繋ぐ

ものだと思います。

I like cats and dogs.
(私はネコ犬が好きです)

You are not busy, but I am busy.

(あなたは疲れていません、でも私は疲れています)

語句も文も順番を変えても

意味がきちんと通りますね?

ですが、逆に従属接続詞は

そのようなことはできません。

『従属接続詞』

Because my brother is young, he can’t ride a bike.
(私の弟は幼いので自転車に乗れません)
While I was away, please take care of my dog.
(私がいない間、犬の世話をしてください)

これらは対等ではないために、

文を逆にしてしまうと、

Because he can’t ride a bike, my brother is young.
(自転車に乗れませんので私の弟は幼いです)

While please take care of my dog, I was away.
(犬の世話をお願いしている間、私はいない)

と、意味が全く異なってしまいます。

自転車が乗れないから弟が幼いとは言えないですし、

(成人してから乗れない人だっているので)

犬の世話をお願いしている間、私はいないとか、

よく意味が分からなくなってしまいます(´▽`;)ゞ

これは主節と従属節の関係が

入れ替わることはあり得ない、ということを

意味しているかと思います。

従属接続詞というのは

あくまでも主節に従って補足説明をしてあげるものですから。

対等ではなくて、

主節が重要、従属節はあくまで補ってあげるためだけのもの

ということになります。

ですが、ちょっと気になる文としては、

When I came home, my sister was watching TV.
(私が家に帰ってきた時、私の姉妹はテレビを見ていました)

というもの。

この文を逆にすると、

When my sister was watching TV, I came home.
(私の姉妹がテレビを見ていた時、私が家に帰ってきた)

となります。

これはこれで意味が通じることかな、

なんて思ってしまいます。

とはいえ、『時』というのは一瞬のことだと思います。

「私が家に帰ってきた」

というのはその時の一瞬ですよね。

ですが、

「私の姉妹がテレビを見ていた時」

というのは、ちょっと期間がありそうな気がします。

なので、この場合は、

While my sister was watching TV, I came home.

(私の姉妹がテレビを見ている間に、私が家に帰ってきた)

の方が適切なのかな?

と思いますね。

言い換えのところは違和感を感じるかどうかの話なので、

そこまで重要なことではないかと思います。

一番大事なことは、

従属接続詞がついている従属節はあくまで補足説明で、

重要な文は従属接続詞がついていない、主節である

という認識だと思います。

このように等位接続詞と従属接続詞の1つ目の違いは、

等位接続詞:対等な語句や文であるため、入れ替えても意味はあまり変わらない

従属接続詞:従属節はあくまで補足説明、重要なのは主節であるため、文を入れ替えたら意味が変わってしまう

というところです。

等位接続詞と従属接続詞が接続するもの

2つ目の違いとしては、

等位接続詞と従属接続詞では、

接続しているものがほんの少しことなる、

というところでしょうか。

違い、とまでは言いづらいですけどね(´▽`;)ゞ

等位接続詞は語句と語句、節と節、文と文などのように同じ単位のものを繋げる

となっていますが、

従属接続詞が繋げるのは文だけ

です。

従属接続詞は文だけ、で良いのですが、

等位接続詞に関してはandやorは語句と語句、節と節で繋げられるけど、

butforは文だけじゃないのかなぁ?

と思ってしまいます。

それを考えると、

等位接続詞は主に文と文を繋げるが、

語句と語句、節と節など同じ単位を繋げられるものもある

と考えるのが適切なのかな、と。

文以外のものを繋げられるのは

andornorくらいなのかな?

それ以外で見た記憶はないですが、

出てきた場合はきちんと見ておきたいものですね(´▽`;)ゞ

接続詞を置く場所

接続詞を置く場所にも違いがあります。

等位接続詞:文と文を繋ぐ場合、接続詞は必ず文と文の間に持ってくる

従属接続詞:冒頭に持ってくることも、文と文の間に持ってくることもできる

等位接続詞は必ず文と文の間に持ってきます。

たまに前の文がピリオド『.』で終わっているのを見ますが、

その場合は等位接続詞を冒頭で使い、一文のみで構成されているはずですね。

文 等位接続詞 文

という形で、前の文から後の文へと続く

流れを示しています。

等位接続詞の前の文も後の文も、

どちらも単体で意味を持つものとなります。

ですが、従属接続詞の場合は、

従属節の部分が副詞節であるため、

単体の文になることはできません。

また、副詞節であるがために、

従属節を前に置いたり、後に置いたりできるわけですね。

Because my brother is young, he can’t ride a bike.

He can’t ride a bike because my brother is young.
(私の弟は幼いので自転車に乗れません)

はどちらも同じ意味です。

(人によって訳し方の語順は変わると思いますが)

because my brother is young

が副詞節なので、前にも後にも置くことができます。

また、従属節を前に持ってきた場合は、

従属節自体が副詞節のため、

文の終わりを意味するカンマ『,』を添えてあげます。

これから主節に入るよ!

というのを明確にするためですね。

ですが、従属節を後に持っていった場合は、

カンマ『,』は必要ありません。

接続詞がついているので、

接続詞の前で文が切れているのがわかるためですね。

学生時代はそういうことは一切気にしていなかったのですが…

今になってようやく理解しました(´▽`;)ゞ

と、ここまでで等位接続詞と従属接続詞の違いは終わりなのですが、

ちょっと気になる点が一つあるので、もう一つ書いていきたいと思います。

等位接続詞forについて

等位接続詞forは理由の意味なので、

従属接続詞becauseと一緒の意味じゃないの?

というお話について少ししていきたいと思います。

例文として、

『原因』

it rained.

《雨が降った》

『結果』

I stayed home

《私は家にいた》

を見ていきます。

従属接続詞becauseの場合は以下の2通り。

Because it rained, I stayed home.
I stayed home, because it rained.

ですが、等位接続詞for

I stayed home, for it rained.

しか作れません。

等位接続詞というのは、

文と文を繋いでいる場合は、

冒頭には持ってこれませんから。

これがforが等位接続詞である一番の理由でしょうね。

意味も見てみると、

Because it rained, I stayed home.
I stayed home, because it rained.

《雨が降ったので私は家にいた》

《雨が降った》というのはあくまで補足説明で、

重要なことは《私は家にいた》ということです。

それに対して、

I stayed home, for it rained.

《私は家にいた。というのは雨が降ったから》

《私は家にいた》ということも、

《雨が降った》ということも情報としては対等に扱われます。

なので、forは従属接続詞ではなく、

等位接続詞、ということになります。

等位接続詞と従属接続詞…

混乱してしまう部分ですが、

違いはきっちりと覚えておきたいところですね(´▽`;)ゞ