【Alice】Chapter2-28 私はメイベルと入れ替わってしまったに違いないわ!

Alice Chapter1

では、前回の

Chapter2-27 今まで知っていたことを覚えているか試してみよう

の続きから訳していきます(∩´∀`)∩

前回までのお話では、

アリスが誰かと入れ替わったかもしれないと思い、

同い年の子と比較していっていました。

そして、今までできていたはずの九九ができなくなっていたアリス。

「九九なんて重要じゃないわ!」

なんて焦ってしまっていましたね…

では、今回はどんなお話になるでしょうか?

`I’m sure I’m not Ada,’ she said, `for her hair goes in such long ringlets, and mine doesn’t go in ringlets at all; and I’m sure I can’t be Mabel, for I know all sorts of things, and she, oh! she knows such a very little! Besides, she’s she, and I’m I, and–oh dear, how puzzling it all is! I’ll try if I know all the things I used to know. Let me see: four times five is twelve, and four times six is thirteen, and four times seven is–oh dear! I shall never get to twenty at that rate! However, the Multiplication Table doesn’t signify: let’s try Geography. London is the capital of Paris, and Paris is the capital of Rome, and Rome–no, that’s all wrong, I’m certain! I must have been changed for Mabel!

ようやく、長かった文は

今回で終わりますね(´▽`;)ゞ

では、早速見ていきます(/・ω・)/

let’s try Geography. London is the capital of Paris, and Paris is the capital of Rome, and Rome–no, that’s all wrong, I’m certain! I must have been changed for Mabel!

let’s try Geography.

《地理を試してみよう》

London is the capital of Paris, and Paris is the capital of Rome, and Rome–

《ロンドンの首都はパリで、パリの首都はローマで、ローマの…》

no, that’s all wrong, I’m certain!

《ダメよ、全部間違っているわ、それは確かなの!》

I must have been changed for Mabel!

《私はメイベルと入れ替わってしまったに違いないわ!》

特に難しい部分もなく、

すんなりと読めてしまう文でしたね(´▽`;)ゞ

以上から、

let’s try Geography. London is the capital of Paris, and Paris is the capital of Rome, and Rome–no, that’s all wrong, I’m certain! I must have been changed for Mabel!

《地理を試してみよう。ロンドンの首都はパリで、パリの首都はローマで、ローマの…私はメイベルと入れ替わってしまったに違いないわ!》

となるかと思います(∩´∀`)∩

以上、今回の文は、

`I’m sure I’m not Ada,’ she said, `for her hair goes in such long ringlets, and mine doesn’t go in ringlets at all; and I’m sure I can’t be Mabel, for I know all sorts of things, and she, oh! she knows such a very little! Besides, she’s she, and I’m I, and–oh dear, how puzzling it all is! I’ll try if I know all the things I used to know. Let me see: four times five is twelve, and four times six is thirteen, and four times seven is–oh dear! I shall never get to twenty at that rate! However, the Multiplication Table doesn’t signify: let’s try Geography. London is the capital of Paris, and Paris is the capital of Rome, and Rome–no, that’s all wrong, I’m certain! I must have been changed for Mabel!

《「私がエイダではないことは確かよね」とアリス。「エイダの髪の毛はものすごく長い巻き髪だけど、私の髪は少しも巻き髪になんてなっていないのよね。私がメイベルではないことも確かだわ。だって私はなんでもかんでも知っているし、それで彼女は…もう、ほんと何にも知らないんだから!それは置いておいて、彼女は彼女、私は私、そして…あー、もー、わけがわからなくなってきちゃった。私が今まで知っていたことを全て覚えているか試してみよう。ええと、4×5=12、4×6=13、4×7=・・・ああ、もう!こんな調子じゃいつになっても20にはたどり着かなそうだわ!でも、九九なんて重要じゃないわよね。地理を試してみよう。ロンドンの首都はパリで、パリの首都はローマで、ローマの…私はメイベルと入れ替わってしまったに違いないわ!」》

メイベルという子がどんな子かはわかりませんが、

勉強が苦手な子ではあるみたいですね。

ですが…今まで知っていたことを答えられなくなったからって、

「私はメイベルと入れ替わったんだ!」

という発想がすごいですね(゜ー゜;Aアセアセ

アリスの中では、

『学校の勉強ができない子=メイベル』

という方程式が成り立ってそうですね…

アリス…なんて怖い子…(;´・ω・)

さて、この会話文は中途半端なところで終わっています。

次回からちょっと別の展開になっていきそうだからですね。

それでは、また次回訳していきたいと思います(∩´∀`)∩