【Alice】Chapter2-11 片目で庭園を覗くことで精一杯だよ!

Alice Chapter1

では、前回の

Chapter2-10 アリスの頭が部屋の天井にぶつかったよ!

の次の文から訳していきます(∩´∀`)∩

前回のお話だと、

天井にぶつかるくらい大きくなったので、

すぐに金の鍵をとって庭園へ続くドアに向かっていきました。

その続きですね(∩´∀`)∩

Poor Alice! It was as much as she could do, lying down on one side, to look through into the garden with one eye; but to get through was more hopeless than ever: she sat down and began to cry again.

Poor Alice!

《可哀想なアリス!》

It was as much as she could do, lying down on one side, to look through into the garden with one eye;

it to構文のようですね。

カンマがついていて複雑そうですが、

そのまま流れで読んでいこうかと思います。

It was as much as she could do,

《アリスが精一杯できることといったら》

lying down on one side,

《床に対して横向きになって》

one sideって『片面』という意味だと思いますが、

ここでは『片方のほっぺ』を表しているのかな、

なんて思います。

片方のほっぺがつくように床に対して横向きになっているのかな、と。

次を見てみると、

to look through into the garden with one eye;

《片目で庭園の覗くこと》

と、あるので、

片方のほっぺを床に擦りつけながら、

片目でドアの向こう側、

庭園を覗いている、ということなんでしょうね。

以上から、

It was as much as she could do, lying down on one side, to look through into the garden with one eye;

《可哀想なアリス!アリスが精一杯できることといったら、床に対して横向きになって片目で庭園の覗くことくらいしかないの》

となるかと思います(∩´∀`)∩

では、次です(/・ω・)/

but to get through was more hopeless than ever:

《通り抜けることは今まで以上に望み薄になっちゃった》

不定詞が主語にきている形を

まともに意識したのは初めてかもしれません(´▽`;)ゞ

では、次です(/・ω・)/

she sat down and began to cry again.

《アリスはへたり込んでしまって、また泣き出しちゃいました》

マンガやアニメのシーンにありそうですね。

希望が持てなくなってしまって、

ヒザがガクッと落ちたように

その場にへたりと込んでしまって、

マンガやアニメ特有の滝のような涙を流しているシーン。

きっとそんな感じで泣いちゃっていたんでしょうね(゜ー゜;Aアセアセ

以上から、今回の英文は、

Poor Alice! It was as much as she could do, lying down on one side, to look through into the garden with one eye; but to get through was more hopeless than ever: she sat down and began to cry again.

《可哀想なアリス!アリスが精一杯できることといったら、床に対して横向きになって片目で庭園の覗くことくらい…通り抜けることは今まで以上に望み薄になっちゃった。アリスはへたり込んでしまって、また泣き出しちゃったよ》

となるかと思います(∩´∀`)∩

こうやって覗いている間も大きくなっているんでしょうかね…?

このままでは庭園の奥に行くことはできませんが、

果たしてこの後の展開はどうなっていくのでしょうか?

また、何か食べたり飲んだり…?

それともそもそもこの庭園まで行くことができない?

不思議の国のアリスの物語を知らないので、

続きがどうなるのかよくわからないんですよね(´▽`;)ゞ

不思議の国には行くんでしょうけど、

どうやって行くのかもわかっていないので、

これからもワクワクしながら読んでいこうと思います(∩´∀`)∩