【Alice】Chapter1-69 何も変化ないからケーキをあっという間に食べちゃった

Alice Chapter1

では、前回の

Chapter1-68 普通のことしか起こらない人生なんてつまらないよ!

の次の文を訳していきます(∩´∀`)∩

次の文…というよりも、

長かったChapter1の最後の文ですねヾ(*´∀`*)ノ

前回までのお話としては、

ケーキを食べたら

「大きくなるかな?小さくなるのかな?」

と、どちらかに期待していたけれども、

結局変化なしという結果でした。

ケーキを食べて体の大きさに変化がないのは当たり前だけど、

常識外れなことばかり起きていたから、

それに慣れちゃっていたアリス。

常識的なことしか起こらない人生なんてつまらないよ!

と言っていましたね。

今回はその続きです(/・ω・)/

So she set to work, and very soon finished off the cake.

最後の最後は短いですね(´▽`;)ゞ

So she set to work,

《なので、アリスはケーキを食べ始め、》

set to work

『仕事にとりかかる』

ということですね。

でも、アリスって別に仕事をしていたわけではないですよね?

さっきまでしていたことと言えば、

ケーキを食べていたことです。

なので、ここでの仕事は

「ケーキを食べること」

でしょうね。

なんか機械的な感じがして、

美味しいと思っていないでしょうね(´▽`;)ゞ

and very soon finished off the cake.

《そして、ケーキをあっという間に食べ終えてしまいました》

finish offという表現は

Chapter1-52 アリスがビンの中身を飲んじゃったよ!

でも出てきていますね。

この時はビンの中身を全て飲んじゃった、

ということでした。

今回もそれと同じですね。

offは動作の完了なので、

ケーキを食べるという動作の終わりです。

と、Chapter1の最後の文は簡単でしたね(∩´∀`)∩

So she set to work, and very soon finished off the cake.

《なので、アリスはケーキを食べ始め、そして、ケーキをあっという間に食べ終えてしまいました》

となるかと思います。

Chapter1の最後の最後は

アリスが不貞腐れて終わったような感じです(´▽`;)ゞ

と、Chapter1だけで69回もかかりました…

4か月ちょっと…でしょうか?

Chapter12まであるので、

同じような分量だと約48か月。

丸々4年ですね(゜ー゜;Aアセアセ

その頃には果たしてどうなっているでしょうか(;・∀・)

き、きっと頑張っているはずですよね…うん(;´・ω・)

と、Chapter1が終わったので、

最後は全部の英文と和訳をつける記事を作成して、

それから、Chapter2に移っていこうと思います(∩´∀`)∩

こうやって記事にしていくことで、

英語の構造が以前よりもわかるようになってきたのが嬉しいですねヾ(*´∀`*)ノ

読めるようになったかどうかはわかりませんが(´▽`;)ゞ

それでは、Chapter2でも、

よろしくお願いしますO(≧▽≦)O