【Alice】Chapter1-65 小さなガラスの箱を発見!

Alice Chapter1

前回の

Chapter1-64 今は二役を演じていても仕方がないわ

の次の文から訳していきます(∩´∀`)∩

前回までのお話で、

アリスは一人二役が好きなんだーというお話がありましたが、

「でも、今二役なんてしても意味がないよね!」

と思ったということで、今回のお話に移ります。

Soon her eye fell on a little glass box that was lying under the table: she opened it, and found in it a very small cake, on which the words `EAT ME’ were beautifully marked in currants.

少しずつ見ていきますよー(∩´∀`)∩

Soon her eye fell on a little glass box

《まもなくして、アリスは小さなガラスの箱が目に留まった》

fellfallの過去形ですね。

eyeとあるので、

『視線を下に向けた』わけです。

そしたら小さなガラスの箱があったんですね。

ちなみに小さなガラスの箱に関しては、

that節で修飾されています。

a little glass box that was lying under the table:

《机の下に置かれている小さなガラスの箱》

was lyingで『横たわっていた』なので、、

置いてあった、ということでしょうね。

なので、

Soon her eye fell on a little glass box that was lying under the table:

《まもなくして、アリスは机の下に置かれている小さなガラスの箱が目に留まった》

となるかと思います。

では、次です(/・ω・)/

she opened it,

《アリスはそれを開けました》

…いきなり開けるとはチャレンジャーですね…。

ビンの中身も自分が望んでた結果のものだったから、

警戒心が薄れたのかな?

and found in it a very small cake,

《すると、中にはとても小さなケーキが入っていました》

等位接続詞andがあるので、

(she) foundでしょうね。

アリスは中にケーキが入っていたことがわかったのです。

でも、そこまで和訳しちゃうと、

ちょっとしつこい感じがしてしまう気がします(;´・ω・)

入っていた、で通じるのに、

わかった、まで入れちゃうと…ね。

でも、英語だと「誰がどうした」といった

主語述語をはっきりさせたいんでしょうね…。

では、次です(/・ω・)/

on which the words `EAT ME’ were beautifully marked in currants.

《それには「食べてね」と干しブドウで綺麗に書かれていました》

currants

は『干しぶどう』です。

うーん…聞いたことない単語…

と言いますか、普段干しぶどうなんて食べないので、

使うことはない単語ですね(´▽`;)ゞ

むしろ干しぶどうって見たことありましたっけ…?

って感じです(;´・ω・)

ちょっとここで、

on which the words `EAT ME’ were beautifully marked in currants.

《それには「食べてね」と干しブドウで綺麗に書かれていました》

を見てみたいのですが、

これはちょっとした意訳ですね。

主語述語の関係として直訳すると、

《それには「食べてね」という言葉が干しぶどうで綺麗に書かれていました》

となるでしょうか?

こうやって主語述語をきちんと意識して訳すと、

どうも固く感じてしまうんですよね…

直訳すると私には受け付けないことがあって、

意味が全く取れないことが多いので、

結構崩して訳したくなってしまいます(´▽`;)ゞ

とは言っても、きちんと訳せることも稀ですが…

というか、英語だけで理解できるようになりたいです、はい(;´・ω・)

以上から、今回の英文は

Soon her eye fell on a little glass box that was lying under the table: she opened it, and found in it a very small cake, on which the words `EAT ME’ were beautifully marked in currants.

《まもなくして、アリスは机の下に置かれている小さなガラスの箱が目に留まりました。アリスがそれを開けると中にはとても小さなケーキが入っていて、それには「食べてね」と干しブドウで綺麗に書かれていました》

となるかと思います(∩´∀`)∩

鍵に手が届かなくて途方に暮れていた時に見つけたケーキ。

果たしてアリスはこのケーキをどうするんでしょうね?

それはまた次回のお話となります(/・ω・)/