【Alice】Chapter1-56 ろうそくのように消えちゃうかも?

Alice Chapter1

前回の

Chapter1-55 アリスも少しびくびくしていたみたい

の続きを訳していきます(∩´∀`)∩

First, however, she waited for a few minutes to see if she was going to shrink any further: she felt a little nervous about this; `for it might end, you know,’ said Alice to herself, `in my going out altogether, like a candle. I wonder what I should be like then?’ And she tried to fancy what the flame of a candle is like after the candle is blown out, for she could not remember ever having seen such a thing.

前回までのお話としてはは、

ビンの中身を飲んだ結果、

体が10インチほどになったことに喜んでいたのですが、

もっと縮んでしまわないか不安になったので、

数分待ってみたよ、というお話でした。

今回はその心の内を話してくれるようですね(´▽`;)ゞ

`for it might end, you know,’ said Alice to herself, `in my going out altogether, like a candle. I wonder what I should be like then?’

forがきているので、

理由を述べているのがわかります。

これ以上縮まないか心配になったことへの理由ですね。

`for it might end, you know,’ said Alice to herself,

《「だって、終わっちゃうかもしれないんだよ」とアリスは独り言を呟きました》

ここでのendは『人生の終わり』的な意味でしょうね。

you knowは何度も出てきていますが、

同意、共感を求める問いかけみたいなものですね。

では、次です(/・ω・)/

`in my going out altogether, like a candle. I wonder what I should be like then?’

ちょっと分解して見ていきます。

in my going out altogether, like a candle.

《ろうそくのように体が完全に消えちゃうかもしれないんだもの》

ここでのinは前の文のendから繋がっていますね。

end inです。

『~という結果になる』といった意味ですかね。

inは『内』でしょうから、

それを含んだもので終わる、と考えればいいのかなと。

そして、go out

ここでは、『消える』が妥当でしょうかね。

この前にアリスが

『終わっちゃうかもしれないんだよ』

と言っているので、

縮みすぎて消えることを不安に思っている、

という予測がつきそうです。

altogether

は『完全に』なので、

縮みすぎるというよりも、

もう存在しないように消えちゃうことを

懸念していたんですね。

そして、例えを言っています。

like a candle.

《ろうそくのように》

ろうそくは蝋が残るイメージなので、

完全に消えるというイメージがつかない私ですが…

アリスとしてはそう感じたんでしょうね。

でも、確かにだんだん小さくなっていって、

最終的には消えてしまうものの例えって

難しいかもしれませんね(´▽`;)ゞ

では、次です(/・ω・)/

I wonder what I should be like then?’

《そうなったら私はどのようになっちゃうのかなぁ?》

wonderは『~かしら』と不思議に思うことですね。

どうなるのか気になるなぁ、という好奇心も

もしかしたらあるのかもしれません。

そして、この文は間接疑問文になっていますね。

what以下が疑問文の形ではなく、

『主語+動詞』の一般的な語順になっています。

(『平叙文』というんでしたっけ?)

そして、likeは前置詞でしょうね。

前置詞なのに後ろはthenと副詞になってるよ!

となるかもしれませんが、

likeの後の名詞はwhatかと思われます。

なので、《どのように》と訳してしまっていますね。

以上から、

`in my going out altogether, like a candle. I wonder what I should be like then?’

《「だって、終わっちゃうかもしれないんだよ」とアリスは独り言を呟きました。「ろうそくのように体が完全に消えちゃうかもしれないんだもの。そうなったら私はどのようになっちゃうのかなぁ?」》

となるかと思います(∩´∀`)∩

アリスを見ていると、

人生を楽しんでいるように見えるので、

色んな体験は楽しみたくても、

やはり消えたくはないんですね…

って、当たり前なのですが(´▽`;)ゞ

実際縮みすぎて完全に消えてしまった場合って、

どうなるんでしょうね?

常識的にはありえないことですが、

ちょっと興味深いです。

とはいえ、仮にそういうことができたとしても、

薬にもよるんでしょうけど…

それこそ0に収束すると言えるくらい

ずっと小さくなるかもしれないですし、

(風に吹かれれば簡単に飛ばされるけれども、

一応存在はしている…)

そのまま存在自体が消滅するのかもしれないですし…

いきなりポンっと消えた場合はどうなるんでしょうね?

…神隠しとかだとどうなるんでしょう?

なんて色々と考えてしまいますが、

実際にめぐり合うこともまずなさそうなので、

これを考えるのはここまでにします(;´・ω・)

そして、まだ一文としては少し残っていますね。

さて、残りはどんなことを言っているのでしょうか?

それはまた次回のお話となります(∩´∀`)∩