【Alice】Chapter1-37 ウサギを追いかけちゃうよ

Alice Chapter1

前回の

Chapter1-36 枯れ葉の山に落ちた後は?

の次の文から訳していきます(∩´∀`)∩

前回は、穴の底についたら、

ウサギを見つけたよ、という話でしたね。

では、これからどんな展開になっていくのでしょうか?

There was not a moment to be lost: away went Alice like the wind, and was just in time to hear it say, as it turned a corner, `Oh my ears and whiskers, how late it’s getting!’

少しずつ見ていきます(/・ω・)/

There was not a moment to be lost:

《一瞬たりとも無駄にはできない》

There was not a moment『瞬間はない』

to be lost『失うための』

ですね。

なので、

上記の訳になっています(/・ω・)/

では、次に移ります(∩´∀`)∩

away went Alice like the wind,

《アリスは風のように駆け出していった》

倒置になっていますね。

go away『立ち去る』

そして、ここでのlikeは前置詞ですね。

以上から、上記のような訳にしています(∩´∀`)∩

では、次に移ります(/・ω・)/

and was just in time to hear it say,

等位接続詞andを使っていることによって

主語が省略されていますね。

主語はAliceです。

just『ちょうど』

in time『時間内』

ということなので、

just in timeで『時間にぎりぎり間に合う』

などという意味がありますね。

ここでは《ちょうど》くらいでちょうど良さそうですが(´▽`;)ゞ

では、何に間に合ったのでしょうか?

to hear『聞くことに』

何を?

it say『それが言う』

to hear (that) it say

thatが省略されてit sayが目的語になっていますね。

itはウサギです。

ペットは人称代名詞でしたが、

見つけたウサギに関してはペットではないので、

itが使われているんですね(´▽`;)ゞ

以上から、

and was just in time to hear it say,

《そして、ちょうどウサギの言葉が聞こえてきました》

となるかと思います(/・ω・)/

では、次です。

as it turned a corner,

《角を曲がる時に》

asは同時性の接続詞ですね。

なので、曲がる時にちょうどウサギの言葉が聞こえてきたわけです。

では、なんて言葉だったのでしょうか?

`Oh my ears and whiskers, how late it’s getting!’

whiskerは『ひげ』

なので、直訳すると

Oh my ears and whiskers,

《もう!私の耳とひげ》

耳とひげがどうしたんでしょうね…。

次を見てみましょう。

how late it’s getting!

感嘆文ですね。

itは時間を表しています。

lategetしたと考えると、

『遅くなった』と考えられそうですね。

なので、訳を見てみると、

how late it’s getting!

《こんなに遅れてしまうなんて!》

などとなるかと思います。

なので、先ほどのものと繋げてみると、

`Oh my ears and whiskers, how late it’s getting!’

《もう!私の耳とひげ。こんなに遅れてしまうなんて!》

となるかと思います。

…何言っているんでしょうね?(;´・ω・)

my foot!という言葉で、

『信じられない』なんて意味があったりします。

なんでそんな意味になるのかはさっぱりですが…。

なので、my ears and whiskersというのは、

my foot!に合わせた

ウサギさんならではの表現なのかもしれませんね。

なので、ここでの意味は、

`Oh my ears and whiskers, how late it’s getting!’

《もう!こんなに遅れてしまうなんて信じられないよ!》

となるかと思います(/・ω・)/

では、今回の英文和訳をまとめてみますと、

There was not a moment to be lost: away went Alice like the wind, and was just in time to hear it say, as it turned a corner, `Oh my ears and whiskers, how late it’s getting!’

《一瞬たりとも無駄にはできません。アリスは風のように駆け出していきました。すると、ちょうどウサギの言葉が聞こえてきたのです。角を曲がる時にね。「もう!こんなに遅れてしまうなんて信じられないよ!」》

となるかと思います(∩´∀`)∩

アリスはウサギを追いかけてきたので、

見つけた時にきっと

「もう見失わないよ!」

と思って急いだんでしょうね(´▽`;)ゞ

そして、見つけたウサギは前の言葉と似たようなことを言っています…

ずっと同じようなことを言っていて疲れないのでしょうか…?

それにしても、物語が動いてきましたね!

さて、次はどんな展開になるのでしょうか?(∩´∀`)∩