【Alice】Chapter1-30 無知な子なんて思われたくないよ!

Alice Chapter1

前回の

Chapter1-29 空中を落っこちながら…

の続きから訳していきます(∩´∀`)∩

Presently she began again. `I wonder if I shall fall right through the earth! How funny it’ll seem to come out among the people that walk with their heads downward! The Antipathies, I think–‘ (she was rather glad there was no one listening, this time, as it didn’t sound at all the right word) `–but I shall have to ask them what the name of the country is, you know. Please, Ma’am, is this New Zealand or Australia?’ (and she tried to curtsey as she spoke–fancy curtseying as you’re falling through the air! Do you think you could manage it?) `And what an ignorant little girl she’ll think me for asking! No, it’ll never do to ask: perhaps I shall see it written up somewhere.’

では、早速分解しつつ訳していきます(∩´∀`)∩

`And what an ignorant little girl she’ll think me for asking!

感嘆文ですね。

What +(a + )形容詞 + 名詞 + 主語 + 動詞 !

what an ignorant little girl

《なんて無知な子なんでしょう》

ignorantは『無知の、無学の』という形容詞ですね。

little girlとついていることからも、

アリスはやはり幼い子なんでしょうね。

幼い子とは当然思っていましたが、

正直何歳なのかわかっていないんですよね…

と、脱線しましたが、続きです(/・ω・)/

she’ll think me for asking

《私がそんなことを聞いちゃったら、彼女は○○と思っちゃうわね》

○○は

what an ignorant little girl

の部分ですね。

感嘆文なため、順番が入れ変わっているだけで、

本来であれば、for askingの後ろに来るのでしょう。

forは「~に向かって」という

方向のようなイメージがあります。

そして、目標・原因・理由の意味がありますね。

今回であれば、

「聞いてしまったことが原因で私は○○を思われてしまうわ」

「聞いてしまったせいで私は○○と思われてしまうわ」

など、原因的な意味でしょうね。

これもまた方向を原因と結果、という

方向を指し示しているかと思います。

なので、これらの文章を繋げて、

`And what an ignorant little girl she’ll think me for asking!

《でも、私がそんなことを聞いちゃったら、なんて無知な子なの?と思われちゃうわね》

ちなみにshe

Ma’amで、アリスが聞いた相手ですね。

では、続きを見ていきます(/・ω・)/

No, it’ll never do to ask:

doは一般動詞で使うところは

あまり見ないような気がします(´▽`;)ゞ

一応『する』という意味があるのかなと。

では何をするのか?

to ask『尋ねること』

ですね。

そして、neverで完全否定しています。

なので、

No, it’ll never do to ask:

《やっぱり聞いたりなんかしちゃ絶対にダメよね!》

となるかと思います(*´▽`*)

それでは、続きです(/・ω・)/

perhaps I shall see it written up somewhere.’

Perhapsは『多分』

it written up somewhere

これは過去分詞が使われていますね。

itは地名を指していて、

written up somewhereitを修飾する

形容詞として使われているかと思います。

somewhere

は『どこか』

なので、

perhaps I shall see it written up somewhere.’

《多分、どこかに地名が書かれているはずだからそれを見ればいいよね》

となるかと思います(∩´∀`)∩

以上から、今回の和訳は

`And what an ignorant little girl she’ll think me for asking! No, it’ll never do to ask: perhaps I shall see it written up somewhere.’

《でも、私がそんなことを聞いちゃったら、なんて無知な子なの?と思われちゃうわ。やっぱり聞いたりなんかしちゃ絶対にダメ!多分、どこかに地名が書かれているはずだからそれを見ればいいよ》

となるかと思います(*´▽`*)

というわけで、次回からまた新しい文へと移っていきます(∩´∀`)∩