【Alice】Chapter1-1 ウサギの巣穴へと飛び込んだ

Alice Chapter1

これから少しずつ『不思議の国のアリス』の原文和訳に

挑戦していきたいと思います(∩´∀`)∩

更新頻度は未定ですが、

できる限り時間がある時に

更新していきたいなーと思います。

和訳は想像以上に良い勉強になるなーと

感じましたので(∩´∀`)∩

それでは、早速始めていきたいと思います (。o´д`)o ゚+。:.゚

Chapter 1 Down the Rabbit-Hole

《第1章 ウサギの巣穴へと飛び込んだ》

chapterはDVDを観ると、

最初のメニュー画面に出てきますね。

『チャプター1』のように。

きちんとchapterで書かれている時もありますが、

カタカナで表示されてしまっている英語を

きちんとした表記で見るとちょっと面喰らってしまいます(´▽`;)ゞ

それは私だけなのでしょうか…?

Down the Rabbit-Hole

を直訳すると、

「ウサギの巣穴を下る」

「ウサギの巣穴から落ちる」

といったところでしょうか?

ですが、この物語として、

転んでしまった結果、ウサギの巣穴へと入ってしまった!

という偶然のものではなくて、

アリスは自らウサギの巣穴へと入る

という、アリス自身の意志で入っているため、

「飛び込む」といった言葉が適当かと思って居ます。

そして、ちょっと話は変わりまして、

最初Downを見て、

Downは前置詞?動詞?

なんて思い、調べてみましたが、

冠詞の前に来る前置詞は動詞として見た方が良い

と記載されているのを見つけたので、

そう思いながらこれから読んでいこうかと思います。

とはいえ、理由が書かれていなかったので、

とりあえずこの考え方は保留です。

でも、Downというイメージで捉えれば、

動詞でも前置詞でも訳にそんなに影響はないはず!

と思いますけどね。

Rabbit-Holeは『ウサギの穴』とそのまま訳せそうですが、

『ウサギの穴』と言われてもピンと来ないですし、

『ウサギが入る穴』となったら『巣穴』でしょう、

ということで、『ウサギの巣穴』と訳しています。

ちなみにweblio英和辞典ですと、

————–

rabbit hole

野兎によって作られた巣として土中にある穴

————–

と記載されているので、

巣穴が適切そうですね。

…と気になったところを調べつつ、

和訳が適切かどうかを考えながら進めていくと、

ものすごく時間がかかってしまいます(´▽`;)ゞ

次の文章まで記載しようと思ったのですが、

思った以上に長くなりそうだったので、

今回は

Chapter 1 Down the Rabbit-Hole

というものすごく短い、

しかもタイトルのみで終わらせていただきます…。

こんなスピードでいつ終わるのかは…謎ですね(´▽`;)ゞ

いっそのこと一文ずつ記事にしていこうかと考え中です(/・ω・)/

それにしても…記事タイトルをどのようにつけようか悩んでしまいますね(゜ー゜;Aアセアセ