【Alice】Chapter1 全文和訳

Alice Chapter1

Chapter 1 Down the Rabbit-Hole

《第1章 ウサギの巣穴へと飛び込んだ》

Alice was beginning to get very tired of sitting by her sister on the bank, and of having nothing to do: once or twice she had peeped into the book her sister was reading, but it had no pictures or conversations in it, `and what is the use of a book,’ thought Alice `without pictures or conversation?’

《アリスは土手でお姉さんと一緒に座っていることに飽き始めていました、何もやることもないんですもの。アリスは1、2度、お姉さんが読んでいる本を覗き込んでみたけれど、その本にはイラストも会話文も載っていませんでした。「となると、イラストも会話文もないのにこの本の何が面白いんだろう?」とアリスは思ったのです》

So she was considering in her own mind (as well as she could, for the hot day made her feel very sleepy and stupid), whether the pleasure of making a daisy-chain would be worth the trouble of getting up and picking the daisies, when suddenly a White Rabbit with pink eyes ran close by her.

《そこでアリスは考え込みました(できる限り考え込もうとしたよ。真夏のように暑い日だったので、とても眠くて頭が回らなかったからこそね)。ヒナギクの花輪を作るのは楽しそうだけど、わざわざ起き上がってヒナギクの花を摘みに行くほどのものかなぁ、と考えていたその時、不意にピンクの目をした白いウサギがアリスの目の前を駆け抜けていきました》

There was nothing so very remarkable in that; nor did Alice think it so very much out of the way to hear the Rabbit say to itself, `Oh dear! Oh dear! I shall be late!’ (when she thought it over afterwards, it occurred to her that she ought to have wondered at this, but at the time it all seemed quite natural); but when the Rabbit actually took a watch out of its waistcoat-pocket, and looked at it, and then hurried on, Alice started to her feet, for it flashed across her mind that she had never before seen a rabbit with either a waistcoat-pocket, or a watch to take out of it, and burning with curiosity, she ran across the field after it, and fortunately was just in time to see it pop down a large rabbit-hole under the hedge.

《その出来事自体はたいして珍しいことではなかったし、「まずい!まずい!遅れてしまいそうだ!」というそのウサギの独り言もまた、そんなに常軌を逸していることだとアリスは思わなかったよ(アリスは後になってよくよく考えてみたら、アリスはこの出来事について驚くべきだったんだけど、その時はとても自然に感じたんだ)。でも、そのウサギがウエストコート(ベスト、チョッキ)のポケットからなんと時計を取り出して確認し、すぐに駆け出していったのには、さすがのアリスも思わず飛び起きちゃった。アリスは今までウエストポーチを着て、あまつさえウエストコートから時計を出して確認するウサギなんて見たことなかったのだからはっとしちゃったんだね。アリスは強い好奇心に駆られ、野原を駆け抜けてウサギの後を追いかけたよ。そしたら、幸運にもウサギが垣根の下にある大きなウサギの巣穴にひょいっと入っていくところをちょうど見ることができたんだ》

In another moment down went Alice after it, never once considering how in the world she was to get out again.

《それを見て思わずウサギを追いかけて、アリスもすぐに穴の中に飛び込んじゃった。どうやったらまた外に出てこられるかなんて一切考えずにね。》

The rabbit-hole went straight on like a tunnel for some way, and then dipped suddenly down, so suddenly that Alice had not a moment to think about stopping herself before she found herself falling down a very deep well.

《ウサギの巣穴はトンネルみたいにある程度まっすぐに続いていて、その後、突然ガクンと下がる下り坂になっていたんだ。突然すぎて、アリスは踏み止まろうと思う暇すらなかったの。気が付いたら、とても深い井戸のようなところを落ちていたよ》

Either the well was very deep, or she fell very slowly, for she had plenty of time as she went down to look about her and to wonder what was going to happen next. 

《井戸のような穴がとても深かったのかな?それともとてもゆっくり落ちていたのかな?だって、落ちながら周りを見渡して、次は何が起こるのか気にするほど十分な時間があったんだもの》

First, she tried to look down and make out what she was coming to, but it was too dark to see anything; then she looked at the sides of the well, and noticed that they were filled with cupboards and book-shelves; here and there she saw maps and pictures hung upon pegs.

《最初はね、アリスは下を見て、どこに向かおうとしているのかを見極めよとしたのよ。でも、あまりに暗すぎて何も見えなかったんだ。そこでアリスは目をこらして周りを見てみると、食器棚や本棚で埋め尽くされていました。さらにあちこちに地図や絵がかかっていたんだよね。》

She took down a jar from one of the shelves as she passed; it was labelled `ORANGE MARMALADE’, but to her great disappointment it was empty: she did not like to drop the jar for fear of killing somebody, so managed to put it into one of the cupboards as she fell past it.

《アリスは通り過ぎながら棚の一つから瓶を取り出してみました。その瓶には「オレンジマーマレード」と書かれてあったけど、中身が入っていなかったことにアリスはものすごくがっかりしちゃった。アリスは瓶を落とすことで下にいる誰かに当たって死んでしまうのでは、と不安になったので、アリスは落ちながらもなんとか食器棚にその瓶を押し込みました》

`Well!’ thought Alice to herself, `after such a fall as this, I shall think nothing of tumbling down stairs! How brave they’ll all think me at home! Why, I wouldn’t say anything about it, even if I fell off the top of the house!’ (Which was very likely true.)

《「そうだ!」と、アリスは考え付きました。こんなにすごい落ちる体験をした後だし、階段から転げ落ちるくらいもうどうってことないわよね!家族のみんなは私のことをなんて勇敢なんだって思うはずだわ!きっと屋根から落っこちたって、もう私は何も言わないはずよ!(そりゃ、何も言えないでしょうね)》

Down, down, down. Would the fall never come to an end! `I wonder how many miles I’ve fallen by this time?’ she said aloud. `I must be getting somewhere near the centre of the earth. Let me see: that would be four thousand miles down, I think–‘ (for, you see, Alice had learnt several things of this sort in her lessons in the schoolroom, and though this was not a very good opportunity for showing off her knowledge, as there was no one to listen to her, still it was good practice to say it over) `–yes, that’s about the right distance–but then I wonder what Latitude or Longitude I’ve got to?’ (Alice had no idea what Latitude was, or Longitude either, but thought they were nice grand words to say.)

《落ちて、落ちて、まだまだ落ちる。まさか落ちることに終わりがないとかいうんじゃないでしょうね!「こんなに落ちてきたけど、私は何マイルくらい落ちたのかしら?」と、アリスは声に出して言いました。今はもう地球の中心あたりにまで来ているに違いないわ。ええと、そうね…となると、4000マイルほど落ちてきたってことかしら。おそらく…ね。(あなたは知っていると思いますが、アリスは学校の授業でこのようなことは色々と学んでいたんだよね。でも、知識をひけらかすにはあまり良い機会ではなかったと思うんだ。彼女の話を聞いている人なんて誰もいなかったからね。でも、口に出したことで良い練習になったんじゃないかな)うん、距離は大体そのくらいだよね。そうは言っても、経度と緯度で言うと私はどの位置にきているんだろう?(アリスは緯度も経度も何なのか全く分かっていなかったけど、それらの言葉を言うことはとてもかっこいいことだと思ったんだよね)》

Presently she began again. `I wonder if I shall fall right through the earth! How funny it’ll seem to come out among the people that walk with their heads downward! The Antipathies, I think–‘ (she was rather glad there was no one listening, this time, as it didn’t sound at all the right word) `–but I shall have to ask them what the name of the country is, you know. Please, Ma’am, is this New Zealand or Australia?’ (and she tried to curtsey as she spoke–fancy curtseying as you’re falling through the air! Do you think you could manage it?) `And what an ignorant little girl she’ll think me for asking! No, it’ll never do to ask: perhaps I shall see it written up somewhere.’

《間髪入れずにアリスはまた独り言を始めちゃった。「このままずっと落ちていると地球を突き抜けちゃうんじゃないかしら!突き抜けた先で、頭を下にして歩く人々がいる中に私が現れたらとてもおかしく見えちゃうでしょうね!」『反感』ということね、多分…。(アリスは誰も聞いていないことにホッとしました。だってさっきの言葉が正しい言葉とは思えなかったのだもの)でも、私はその人たちに国の名前は何というのか聞かなきゃいけないよね。例えば…すみません、奥様、ここはニュージーランドですか?それともオーストラリアですか?(そして、アリスはそんなことを言いながら(ひざを曲げて)会釈をしようとしました。ひざを曲げて会釈をしている姿を想像してみてね。空中を落っこちながらだからね!あなたならそれをやってのけることができるかな?)でも、私がそんなことを聞いちゃったら、なんて無知な子なの?と思われちゃうわ。やっぱり聞いたりなんかしちゃ絶対にダメ!多分、どこかに地名が書かれているはずだからそれを見ればいいよ》

Down, down, down. There was nothing else to do, so Alice soon began talking again.

《落ちる、落ちる、まだまだ落ちる。アリスは落ちること以外何もすることがなかったので、またすぐに独り言を始めちゃいました》

`I hope they’ll remember her saucer of milk at tea-time. Dinah my dear! I wish you were down here with me! There are no mice in the air, I’m afraid, but you might catch a bat, and that’s very like a mouse, you know. But do cats eat bats, I wonder?’

《お茶の時間にダイナのお皿にミルクを入れてあげることを忘れなければいいんだけど。ああ、ダイナが私と一緒にここを落ちていてくれれば良いのに!空中にネズミがいないことは申し訳ないけど、コウモリなら捕まえることができるかもしれないよね。コウモリもネズミも同じようなものでしょ!ね?でも、猫ってコウモリを食べるのかなぁ?》

And here Alice began to get rather sleepy, and went on saying to herself, in a dreamy sort of way, `Do cats eat bats? Do cats eat bats?’ and sometimes, `Do bats eat cats?’ for, you see, as she couldn’t answer either question, it didn’t much matter which way she put it.

《そして、ここでアリスはすごい眠気に襲われ始めました。寝ぼけた状態で独り言を続けて「子猫はコウモリを食べるの?猫はコウモリを食べるの?」と言っていたかと思うと、たまに「コウモリは猫を食べるの?」なんて言っていました。あなたならもうわかっているとは思いますが、アリスはどちらの質問にも答えられないので、どっちを言っても特に問題はなかったんだよね》

She felt that she was dozing off, and had just begun to dream that she was walking hand in hand with Dinah, and saying to her very earnestly, `Now, Dinah, tell me the truth: did you ever eat a bat?’ when suddenly, thump! thump! down she came upon a heap of sticks and dry leaves, and the fall was over.

《アリスはうとうとしちゃって、ダイナと一緒に手を繋いで散歩をしている夢を見始めていたので、ダイナにとても真剣に「ねぇ、ダイナ。私に本当のことを教えて。あなたは今までにコウモリを食べたことはあるの?」と聞いてみました。その時突然、ドスン!ドスン!とアリスは枝木と枯れ葉に突っ込み、そして、落ちるのはこれでおしまいでした》

Alice was not a bit hurt, and she jumped up on to her feet in a moment: she looked up, but it was all dark overhead; before her was another long passage, and the White Rabbit was still in sight, hurrying down it.

《アリスは怪我一つなく、すぐに飛び起きました。見上げてみたけど、見上げた先は真っ暗。彼女の目の前にはまた長い廊下があり、白いウサギが急いでいるのが見えました》

There was not a moment to be lost: away went Alice like the wind, and was just in time to hear it say, as it turned a corner, `Oh my ears and whiskers, how late it’s getting!’

《一瞬たりとも無駄にはできません。アリスは風のように駆け出していきました。すると、ちょうどウサギの言葉が聞こえてきたのです。角を曲がる時にね。「もう!こんなに遅れてしまうなんて信じられないよ!」》

She was close behind it when she turned the corner, but the Rabbit was no longer to be seen: she found herself in a long, low hall, which was lit up by a row of lamps hanging from the roof.

《アリスが角を曲がった時には、ウサギに大分追いついていたのですが、あのウサギはどこにも見当たりませんでした。気が付くと、そこは長くて天井が低い廊下で、天井からぶら下がっているランプが一列に並んで明かりを灯していました》

There were doors all round the hall, but they were all locked; and when Alice had been all the way down one side and up the other, trying every door, she walked sadly down the middle, wondering how she was ever to get out again.

《廊下はドアだらけだったけれど、全てに鍵がかかっていました。アリスは廊下の片側をずっと辿って、そして引き返ししながらもう片側を辿り、全てのドアを開けてみましたが、結局どのドアにも鍵がかかっていて開かなかったので、アリスはしょんぼりしながら廊下の中央をとぼとぼと歩いて、一体どうやってここから出ようかな…と悩んでしまいました》

Suddenly she came upon a little three-legged table, all made of solid glass; there was nothing on it except a tiny golden key, and Alice’s first thought was that it might belong to one of the doors of the hall; but, alas! either the locks were too large, or the key was too small, but at any rate it would not open any of them.

《突然アリスは3本足の小さなテーブルに出くわしました。それはガラスのみで作られています。テーブルの上にはとても小さな金の鍵以外は何も置いていませんでした。そこでアリスが最初に考えたことは、もしかしてこの鍵は廊下にあるドアの鍵穴に合うんじゃない?ということでした。ですが、とても悲しいことに鍵穴が大きすぎるのか、それとも鍵が小さすぎるのか、どっちにしても、どのドアも開けることはできませんでした》

However, on the second time round, she came upon a low curtain she had not noticed before, and behind it was a little door about fifteen inches high: she tried the little golden key in the lock, and to her great delight it fitted!

《しかしながら、もう一周してみると、アリスは先ほど気づかなかったカーテンに出くわしました。そして、その後ろには高さが15インチほどの小さなドアがあったのです。アリスはそのドアの鍵穴に小さな金の鍵を試してみると、ぴったりとマッチしたのでアリスは喜びに満たされました》

Alice opened the door and found that it led into a small passage, not much larger than a rat-hole: she knelt down and looked along the passage into the loveliest garden you ever saw.

《ドアを開けてみると、小さな通路に繋がっているのがわかりました。その通路はネズミの穴よりもちょっとだけ大きい位だったんだけどね。アリスは膝をついてその通路を覗いてみると、そこは今まで見たこともないようなとても美しい庭園でした》

How she longed to get out of that dark hall, and wander about among those beds of bright flowers and those cool fountains, but she could not even get her head through the doorway; `and even if my head would go through,’ thought poor Alice, `it would be of very little use without my shoulders. Oh, how I wish I could shut up like a telescope! I think I could, if I only know how to begin.’ For, you see, so many out-of-the-way things had happened lately, that Alice had begun to think that very few things indeed were really impossible.

《この暗い廊下から出て、鮮やかな花壇や涼しげな噴水の周りをお散歩できたらいいのに、とアリスは心から思いました。でも、頭ですらそのドアを通ることができないの。「たとえ、頭が通ったとしても」かわいそうなアリスは考えました。「肩がなくては頭は何の役にも立たないわ。ああ、もう!体を望遠鏡のように折りたたむことができたらいいのに!私はできる気がするのよね。折り畳み方の最初さえわかってしまえばさ」だって、そうでしょう。ここのところ常識が通用しないことばかり起きているから、アリスは本当に不可能なことなんて実はほとんどないと思い始めていたんだ》

There seemed to be no use in waiting by the little door, so she went back to the table, half hoping she might find another key on it, or at any rate a book of rules for shutting people up like telescopes: this time she found a little bottle on it, (`which certainly was not here before,’ said Alice,) and round the neck of the bottle was a paper label, with the words `DRINK ME’ beautifully printed on it in large letters.

《その小さなドアで待ち続けていても意味がないように思えたので、アリスはテーブルのところに戻りました。テーブルの上に別の鍵が見つかるかもしれないと半ば期待しながらね。それでなければ、せめて望遠鏡のように折りたたむやり方が書かれた本を見つかってくれればと思いながら…すると、今度はテーブルの上に小さな瓶を見つけました。(「さっきはこんなの絶対になかったよ」とアリス)瓶の口の周りに紙のラベルが貼ってあり、文字が書かれていました。「飲んでね」と大きく綺麗な文字で。》

It was all very well to say `Drink me,’ but the wise little Alice was not going to do that in a hurry.

《「飲んでね」というのは構わないよ。でも、賢くて小さなアリスは急いでそれを飲もうとする子ではなかったんだよね》

`No, I’ll look first,’ she said, `and see whether it’s marked “poison” or not’; for she had read several nice little histories about children who had got burnt, and eaten up by wild beasts and other unpleasant things, all because they would not remember the simple rules their friends had taught them: such as, that a red-hot poker will burn you if you hold it too long; and that if you cut your finger very deeply with a knife, it usually bleeds; and she had never forgotten that, if you drink much from a bottle marked `poison,’ it is almost certain to disagree with you, sooner or later.

《「すぐに飲むなんてダメよね。まずはきちんと見ておかなきゃ」と、アリス。「『毒』って書かれていないかどうかを確かめておかないといけないよね」アリスは子供たちについてのちょっと素敵な物語を数冊読んでいたからね。その子供たちは焼かれてしまったり、野獣に食べられてしまったり、他にも嫌な結果になっていました。その理由は、子供たちの友達が教えてくれていた単純なルールを思い出さなかったからなのです。例えば、真っ赤に燃えて熱くなった火かき棒を持ち続けていると火傷するよ、とか、ナイフで指を深く切っちゃったら普通は血が出るよ、とか、そういうルールのことね。だから、アリスはそのルールを肝に銘じていました。もし『毒』と書かれていたビンの中身をたくさん飲んだら、ほぼ確実に食あたりを起こしてしまうと。遅かれ早かれね。》

However, this bottle was not marked `poison,’ so Alice ventured to taste it, and finding it very nice, (it had, in fact, a sort of mixed flavour of cherry-tart, custard, pine-apple, roast turkey, toffee, and hot buttered toast,) she very soon finished it off.

《でも、そのビンには『毒』なんて書かれていなかったので、アリスは思い切って味見をしてみました。するとそれは、とてもおいしかったのです(それは実際、チェリータルト、カスタード、パイナップル、ローストターキー、トフィー、それに焼きたてのバタートーストが混ざったような味がしたんだよね)そのため、アリスはあっという間に飲み干しちゃいました》

`What a curious feeling!’ said Alice; `I must be shutting up like a telescope.’

《「なんか不思議な気分だわ!」とアリス。「きっと私は望遠鏡のように縮んでいるに違いないわ」》

And so it was indeed: she was now only ten inches high, and her face brightened up at the thought that she was now the right size for going through the little door into that lovely garden.

《その通りでした。アリスは今まさに10インチほどの大きさになり、アリスは顔を輝かせたのです。これで、小さなドアを通り抜けてあの美しい庭園へと行くことができるちょうどよいサイズになったと思ったからね》

First, however, she waited for a few minutes to see if she was going to shrink any further: she felt a little nervous about this; `for it might end, you know,’ said Alice to herself, `in my going out altogether, like a candle. I wonder what I should be like then?’ And she tried to fancy what the flame of a candle is like after the candle is blown out, for she could not remember ever having seen such a thing.

《でも、まずアリスは数分待ってみました。これ以上縮むのかどうかを確認するためにね。こればかりはアリスも少しびくびくしていたんだよ。「だって、終わっちゃうかもしれないんだよ」とアリスは独り言を呟きました。「ろうそくのように体が完全に消えちゃうかもしれないんだもの。そうなったら私はどのようになっちゃうのかなぁ?」アリスは思い描きました。ろうそくの火がろうそくが吹き消された後、どのようになるのかをね。だって、アリスは今までにそんなものを見たことがあったかどうかを思い出すことができなかったんだから。》

After a while, finding that nothing more happened, she decided on going into the garden at once; but, alas for poor Alice! when she got to the door, she found she had forgotten the little golden key, and when she went back to the table for it, she found she could not possibly reach it: she could see it quite plainly through the glass, and she tried her best to climb up one of the legs of the table, but it was too slippery; and when she had tired herself out with trying, the poor little thing sat down and cried.

《しばらくした後、アリスはこれ以上は何も起こらないことがわかったので、すぐさま庭園へと向かうことにしました。でも、ああ、かわいそうなアリス!アリスはドアにたどり着いてから、小さな金の鍵を忘れたことに気付いちゃいました。そこでアリスは鍵を持ってくるためにテーブルまで引き返してみたら、鍵まで手が届かなかったのです。ガラス越し鍵がはっきりと見えているので、アリスは全力でテーブルの脚を登ろうとしたけれど、つるつると滑っちゃう。何度も試してみたけれど、へとへとに疲れてしまい、かわいそうな子、へたりこんで泣きだしちゃった。》

`Come, there’s no use in crying like that!’ said Alice to herself, rather sharply; `I advise you to leave off this minute!’ She generally gave herself very good advice, (though she very seldom followed it), and sometimes she scolded herself so severely as to bring tears into her eyes; and once she remembered trying to box her own ears for having cheated herself in a game of croquet she was playing against herself, for this curious child was very fond of pretending to be two people.

《「さぁ、そんなに泣いていても仕方ないよ!」と、アリスは自分自身に少し厳し目に言い聞かせました。「今すぐに泣くのをやめなさい!」アリスは普段から自分自身に素晴らしいアドバイスを送っているんだよね。(でも、アリスがそのアドバイスに従うことはめったにないんだけどね)時には、自分自身をあまりに厳しく叱りすぎて、目から涙を流してしまうこともあるくらいだよ、アリスは自分自身とのクロッケーの試合中に、自分に対して卑怯なことをしたので、一度だけ自分の耳をはたこうとしたことを思い出しました。この変わった子は一人二役を演じるのが大好きだったんだ。》

`But it’s no use now,’ thought poor Alice, `to pretend to be two people! Why, there’s hardly enough of me left to make one respectable person!’

《「でも、今は二役を演じていても仕方がないわね」とかわいそうなアリスは思いました。「だって、今の私は一人の人間としての十分な大きさもないのだから!」》

Soon her eye fell on a little glass box that was lying under the table: she opened it, and found in it a very small cake, on which the words `EAT ME’ were beautifully marked in currants.

《まもなくして、アリスは机の下に置かれている小さなガラスの箱が目に留まりました。アリスがそれを開けると中にはとても小さなケーキが入っていて、それには「食べてね」と干しブドウで綺麗に書かれていました》

`Well, I’ll eat it,’ said Alice, `and if it makes me grow larger, I can reach the key; and if it makes me grow smaller, I can creep under the door; so either way I’ll get into the garden, and I don’t care which happens!’

《「まぁ、食べてみるわ」とアリス。「だって、もし、私が今よりも大きくなったら、鍵に手が届くし、もし、もっと小さくなったなら、扉の下を這って出ることができるしね。だから、どっちにしても私は庭園へと出ることができるから、どちらが起こっても気にしないわ!」》

She ate a little bit, and said anxiously to herself, `Which way? Which way?’, holding her hand on the top of her head to feel which way it was growing, and she was quite surprised to find that she remained the same size: to be sure, this generally happens when one eats cake, but Alice had got so much into the way of expecting nothing but out-of-the-way things to happen, that it seemed quite dull and stupid for life to go on in the common way.

《アリスはほんの少しだけ食べて、心配そうに独り言を呟きました。「どっちなの?どっちなの?」と。どっちに成長しているのかを確認するために、アリスは頭の上に手を乗せましたが、アリスは同じサイズのままだったので、とても驚いてしまいました。確かに、普通はケーキを食べても体の大きさに変化なんてないんですけどね。でも、アリスは慣れすぎちゃっていたんだよね。何も期待しなくても、常識外れなことばかり起こることにさ。だから、すごくつまらなくてバカバカしいと思ったんだ。常識的なことが続く人生なんてね》

So she set to work, and very soon finished off the cake.

《なので、アリスはケーキを食べ始め、そして、ケーキをあっという間に食べ終えてしまいました》