【英語】今までに使った英単語帳

Alice Chapter1

今回は私が使った or 持っている英単語帳について

記事にさせていただきたいと思います。

本当は色んな参考書について記載するつもりだったのですが、

英単語帳だけで意外と長い記事になってしまったので、

今回は英単語帳だけです(´▽`;)ゞ

他の参考書のレビューについても、

今後また紹介させていただきますっ(∩´∀`)∩

使ってみた英単語帳

私には『DUO3.0』ではレベルが高すぎるということで、

(前記事『英語が苦手な人が『DUO3.0』から学ぶってどうなの?』)

私に合った無難なものから始めました。

それはこちらっ!

『キクタン【中学英単語】高校入試レベル』

[音声DL付]改訂版 キクタン【中学英単語】高校入試レベル キクタンシリーズ

新品価格
¥891から
(2020/6/30 13:45時点)


中学生英語です、はい。

この英単語帳以上に私に合ったものはあるのでしょうか!?

いや、ない!!

みたいなテンションで購入しました(・ω<) テヘペロ

英単語帳の最初の方の内容としては、ほとんどが

すでにカタカナ英語になっているもの

だったりしました。

newsだったり、roomだったり、ticketだったり…

正直、

さすがに私でもわかるんですが…

あれ…これに時間使って大丈夫…?

…と

思ったこともありました、はい

ですが、読み進めていくにつれ、

あ、うん、やっぱり私は中学生からが妥当です!

という結論に至りました(´▽`;)ゞ

sufferや、bear、sailなど

見たことはあるけれど、どんな意味でしたっけ…?

というものが多く含まれていました。

というか、これらってそもそも中学で習うんですか?

と疑問になってしまうくらい、

覚えていなかったという事実です…。

そして、fortuneという単語があり、

財産という意味だと知って、

昔読んでいた『フォーチューン・クエスト』というラノベは

お宝を求める旅だったのね…

ということを知ってちょっと嬉しくなりました。

(最後に読んだのはおそらく10年以上前…今更過ぎますね…)

久々に読んでみたくなりましたね…

1989年にシリーズ第1作が出ていますが、

未だに続いています。

というか、そんなに古いものだったことに

驚いてしまいますけどね(゜ー゜;Aアセアセ

そんな昔からラノベって存在していたんですねぇ(´▽`;)ゞ

…話が完全にずれてしまいました…。

この中学生英単語にわからない英単語が

意外とちょこちょこと出てきましたが、

それ以上に、

イディオムがわからない…

という事実を知りました。

by the way:ところで

なんて見た記憶もないですけどっ!

というレベルです、はい…。

ただ、by the wayであれば、

覚えるもの!みたいな認識で良いかなと思いましたが、

try A on:Aを試着する

なんかを見て、

前置詞をどうにかイメージできるようにしなければ…

という気持ちになってしまいました。

正直、動詞に前置詞がついた熟語?イディオム?

なんて数えきれないほどあるため、

それら全部覚えていたらキリがないので…

中学生英語のイディオムに悩まされているのであれば、

今後確実に潰れてしまうので、

とりあえず、前置詞には気を付けるっ!

という意識を持つようにしました。

今も前置詞のイメージはそこまでできてはいないですが、

なぜこの前置詞でその意味になるのか?

と考えられるようになったため、

以前よりは定着が早くなったような気はしています。

その前置詞のお話も

いずれ記事にしてお話できればなぁと思っています。

と、なんだかんだで中学生英単語から

思った以上に良い収穫がありましたっ(∩´∀`)∩

ちなみに私の勉強の仕方としてですが、

・わからない単語にマーカーする

・マーカーした単語をOpenOffice Writerに書きこむ

・書きこんだデータを1枚4ページの大きさに印刷して持ち歩く

ということをして、移動中や勉強先で

覚えるようにしていました。

私は基本単語帳とかかさばるものが嫌いなので…

大抵のものはできる限り印刷で済ませて、

必要な部分だけを持ち歩くようにしています。

本は開くだけでも邪魔になってしまいますし、

本に書きこもうと思っても、立体的というか…

印刷物みたいに平面ではないので書きこみづらいんですよね。

なので、私はできる限り自分用のテキストを作って、

持ち歩くようにしています。

そうやって、中学生英語を大体覚えたかなぁ…と感じたら

次に以下の単語帳に手を出してみました。

『キクタンEntry2000』

[音声DL付]改訂版 キクタン【Entry】2000 キクタンシリーズ

新品価格
¥1,040から
(2020/6/30 13:46時点)

こちらの英単語帳は

先ほどの『キクタン〈中学英単語〉高校入試レベル』と

被っている部分が結構あります。

カタカナ英語が少なくなったかなーとは思いますが。

意味まではわからなくても、

見たことある単語もそこそこあったので、

先ほど書いた勉強の仕方と同じようにして

印刷物を持ち歩いて覚えました。

とはいえ、正直物語性もなく、

楽しいな~とは思えなかったので、

覚えた気になっている

という言い方の方が正しい気もしますけどね。

この当たりから単語帳で覚えることに

少し違和感を覚え始めていました…。

ですが、それでも英単語は重要ということで

続いて用いた英単語帳は

『データベース3000基本英単語・熟語』

データベース3000 基本英単語・熟語 [5th Edition]

新品価格
¥1,045から
(2020/6/30 13:47時点)


こちらの英単語帳は、Twitterで

「この英単語帳を使っていました!」

と教えていただけたので、

購入してみた英単語帳です。

これまで『キクタン』をやっていたのですが、

構成的にはこちらの『データベース英単語』の方が好きでした。

正直『キクタンEntry2000』の長文は

読む気にならず、飛ばしていたのですが、

『データベース英単語』の長文は意外と楽しく読ませていただきました。

ちょっとしたオチとかもあったりしたので(∩´∀`)∩

長文読んでみようかな?と思ったのは、

こちらが初めてだったので、良い経験でした。

(長文とは言っても、1ページほどのものですが)

ここで長文を読むことで、英語を読むことに

少しは興味を持つことができたかな、と思っています。

最初の方はそこそこ簡単な英文から始まりますしねっ!

そして、そこで英文法で学んだことも

生かされていることに気づいたので、

英文法を学ぶことにも力が入りました。

(オススメの英文法教材はこちらの記事に書いています)

なので、今英文を読もう!という気持ちになれるのは、

実はこの『データベース英単語』のおかげです。

そこそこ簡単な英文を読めたこと自体が、

私にとっては成功体験のようなものでしたから(∩´∀`)∩

『データベース3000基本英単語・熟語』は

中学生基礎単語から一応センター試験レベルのものまで載っているので、

『キクタン系』をやらずに『データベース英単語系』をやるだけで

良かったかなと正直思っています。

『データベース1700使える英単語・熟語』という

1ランクしたの単語帳もあるみたいですしね。

というわけで、私が使ってみた限りだと、

『データベース英単語』はおすすめです。

小さめで開きやすい、というのも一つの大きい理由ですね!

今久しぶりに『データベース英単語』を開いてみたら、

後半はほぼ全てにマーカーがしてありました(´▽`;)ゞ

覚えていない単語もちょこちょこあるので、

また見直していかなければいけなそうですね(゜ー゜;Aアセアセ

まともに使っていない英単語帳達

購入したのにまともに使っていない英単語帳も正直あります。

『改訂版キクタンBasic4000』

改訂第2版キクタン【Basic】4000語レベル (アルク学参シリーズ)

新品価格
¥1,540から
(2020/6/30 13:48時点)

『キクタンサイエンス 情報科学編』

キクタンサイエンス 情報科学編 (理系たまごシリーズ)

新品価格
¥2,420から
(2020/6/30 13:48時点)


『キクタンEntry2000』の後に

『改訂版キクタンBasic4000』で学ぼうと思っていましたが、

『データベース英単語』の方が私には合っていそうなので、

申し訳ないのですが、『改訂版キクタンBasic4000』には

出番がなさそうです…。

『キクタンサイエンス 情報科学編』も

IT用語を知るために購入したものの、

ITニュースなどを読んでいる方が今の単語を知れるし、

流れからも単語を理解しやすいので、

出番はないかもしれませんね(´▽`;)ゞ

『「カゲロウデイズ」で中学英単語が面白いほど覚えられる本』

「カゲロウデイズ」で中学英単語が面白いほど覚えられる本

新品価格
¥1,100から
(2020/6/30 13:48時点)


『カゲロウデイズ』自体知らないのですが、

ジャケ買いしてしまいました…。

ラノベなのかなんなのかすらわかっていないです…(;´∀`)

チラッとだけ見ましたが、

知っている人にはわかる文章なんでしょうかね?

キャラクターの言葉が英文に訳されていたりします。

ですが、物語の流れではなく、単独での言葉なので、

正直内容がわからない私にはさっぱりです(´▽`;)ゞ

あと英文読んでいると、

英文法の知識が少しはないと

意味がわからないまま終わってしまいそうな気がします(;´・ω・)

でも、こういうキャラクターものって知っていると

頭に入りやすいですよね。

「あ、あの時に言ってた言葉だ!」

なんて思ったら、知らない英文でも

意外と覚えられたりする不思議です。

興味があることだから記憶として定着するんでしょうね~。

ジャケ買いしたい英語教材を1つ

他にジャケ買いしたいものがあります。

アニメとして見たことがないので手を出せていませんけどね…

それがこちらですっ!

『「きんいろモザイク」と英語レッスン』

「きんいろモザイク」と英語レッスン

新品価格
¥1,650から
(2020/6/30 13:49時点)


単純に漫画などのような読み物として読んでみたいな~っ

なんて思ってしまったりします(∩´∀`)∩

…その前に見るとしたらアニメでしょうか(´▽`;)ゞ

レビューを見てみると

意外と英語の教材としても良さそうですね。

英語と思わずに読めるのであれば、

無意識に英語力がつきそうです(*´▽`*)

そして、正直英単語帳だと思って、

今回の記事に書いてみましたが、

実は英単語帳ではなかったんですね…

ですが、無理やりジャケ買い方面で紹介してみました(・ω<) テヘペロ

以上、私のメモ的な記事になってしまいましたが、

今回の記事はこれで終わります。

何かしら得られるものがあると良いのですが(´▽`;)ゞ

それでは、最後まで読んでいただき、

ありがとうございました(∩´∀`)∩

P.S. 私の英語力が中学1年生以下と判明

『キクタン』の帯に受験レベルとTOEICの点数の比較が書いてありました。

中学卒業 ⇒ TOEIC300点

…見なかったことにしましょう…はい( ノД`)…

と、思ったのですが、ちょっと気になってみたので調べてみました。

『キクタン』の帯に気になる文字があったので。

中学1年生 ⇒ TOEIC Bridge100点

正直、

中学1年生でTOEIC100点という意味ですよねっ!

なら、170点ならギリギリ中学1年生よりは上!

と思っていました。

はい…思っていました…。

ですが、ちょっと調べてみた結果がこちらのサイトです。

『1分ですぐわかる!TOEIC Bridgeテスト』

http://square.toeic.or.jp/prsw/10-395/oneminute/

そこにはなんとこんな画像がありました。

bridge

TOEIC Bridge 100点 ⇒ TOEIC 260点

( ゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚) ・・・

(つд⊂)ゴシゴシゴシ

(;゚Д゚) …!?

きっと、中学1年生でTOEIC Bridge 100点というのが間違いなんですっ!!

と先ほどのサイトを確認してみたところ、

先ほどの画像の上の方に…

junior

ばっちりと

中学1年生レベル = TOEIC Bridge 100点

と書かれています(ノω・、) ウゥ・・・

私のレベルは中学1年生以下…

それがはっきりしてしまいました…orz

と、P.S.なのにとても長くなってしまったのでした(´▽`;)ゞ

今度こそ終わります(゜ー゜;Aアセアセ